相続税申告の相談相手について

相続相談ができる専門家は税理士

相続相談ができる相手はその他にも税理士を挙げることができます。税理士では生前贈与の相談も行うことができます。生前贈与は遺産の所有者が生きている時に贈与をすることです。生前贈与をすることで予め相続する遺産を少なくすることができます。

しかし、生前贈与には贈与税が発生するので、税金を支払わなければなりませんが、生前贈与には控除が設けられているので、ご家庭によっては結果的に相続税を節約することができる可能性があります。相続相談を税理士にするということで、代わりに相続税の申告や準確定申告を行ってもらうことができます。

相続税の申告は法律に基いて行うことが求められるので、法律に詳しくない人は負担がかかると感じる人も多く、税理士に依頼することでその負担を軽減できる可能性があります。

税理士に依頼をすれば更正請求をしてもらうことが可能です。更正請求とは一度申告をしたがその内容に誤りがあり訂正をするための請求になります。

特に初めて相続をする人の中には申告をする時に謝る人も少なくないため、誤って申告をした時にはどのように訂正をすればいいのか分からない人も多いです。

もし依頼をすればこのような請求も代わりに税理士に行ってもらうことができます。

関連記事:相続相談ができる専門家は弁護士

Scroll To Top